40代からセミリタイアを目指すブログ

平凡な40代サラリーマンでもセミリタイア出来るか挑戦!

40代からセミリタイア(FIRE)を目指す!
~資産形成・節約・ライフスタイルなど~

楽天iDeCo(イデコ)開始までのスケジュールと注意点!初回掛金は2ヶ月分?

f:id:sennya:20210725151313j:plain

個人型確定拠出年金iDeCo は、申し込みから開始まで殆どの金融機関で2ヶ月程度要します。

実際私も楽天iDeCo で申し込みを行ってから開始まで2ヶ月掛かりました。

いざ始めようと思っても気長に待つ必要がありますが、手続き完了のお知らせが届いたらすぐに引き落としが開始されるので注意が必要です。

通知は突然来るのでそれまでに準備を整えておきましょう。

具体的には掛金の配分先と掛金の準備ですね。

ここでは私が加入している楽天iDeCo の開始スケジュールと注意点を紹介します。

殆どの金融機関でも同様なので、これからiDeCo(イデコ)を開始される方はスケジュールと注意点をおさえておきましょう。

楽天iDeCoの開始スケジュール

f:id:sennya:20210725210645j:plain

まず楽天iDeCo(イデコ)の申し込みから開始までの流れをざっくりおさらいしておきます。

【申し込みから開始までの流れ】

  • 楽天証券で新規加入申込
  • 国民年金基金連合会で加入資格の審査(1ヶ月~2ヶ月)
  • 加入手続き完了のお知らせ
  • 初期設定(加入者口座番号・パスワード、配分設定)
  • 拠出開始
  • 商品購入開始

説明では「国民年金基金連合会の審査により、手続き完了まで1ヶ月〜2ヶ月程度掛かります」とあります。

ここが結構アバウトに長いので気長に待つ事になるんですよね。

私の場合、楽天証券から「申込書類を受領しました」のお知らせメールが届いてから「個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入手続きが完了いたしました」になるまでほぼぴったり2ヶ月掛かりました。

気長にと言いつつ、申し込みから1ヶ月過ぎたあたりから、まだ来ないなぁ~もうすぐ2ヶ月経つなぁ~と思っていたので、突然届いた時にはようやく来たという気持ちになってました。(笑)

f:id:sennya:20210725155155j:plain

出典:楽天証券「お申込後のお手続きカレンダー」より

上図は楽天証券口座を持っている場合のスケジュールカレンダーですが、JIS&T社から書類到着したらすぐに初期設定(加入者口座番号・パスワード登録等)、掛金の配分設定が出来るようになります。

注目して欲しいのは、掛金の引き落としは当月から、配分指定に合わせて商品が購入されるのは翌月という点。 

クレジットカードのお買い物感覚だと、商品の購入が先で翌月引き落としだったりするので、掛金の引き落としが先?って思ってしまいますが、この掛金は前月拠出分なんですよね...。

私的には開始までのスケジュールで注意点が2つあります。

  • 初回掛金が二ヶ月分の場合あり
  • 配分設定を忘れないこと

特に初回掛金額が二ヶ月分になる可能性については、スケジュールを見ただけでは分かりません。 

初回掛金額の引き落としは2ヶ月分?!

私としても盲点だったのですが、iDeCo への加入月は加入手続きが完了した月ではなく申し込みを受領した月ということ。

なんだか腑に落ちないところもありますが、個人型確定拠出年金iDeCoの運営管理期間JIS&T から書類が送られてきた月の26日には初回引き落としがされてしまいます。

しかも、初回の掛金の納付は加入月の翌々月に2ヶ月分(前月・前々月分)となる場合がある。

これ、殆どの方が当てはまると思います。

掛金の引き落としは拠出月の翌月26日に行われるので、初回以降は1ヶ月分の引き落としになりますが、書類が来たと思ったら突然2ヶ月分引かれるので口座残高には注意が必要です。

※残高不足の場合、その月は拠出が無かったこととされ後から納付する事は出来ません。

スケジュールをきちんと確認していなかった私が悪いんですが、気長に待っていたところいきなり4.6万円(私の上限額2.3万円×2ヶ月)の出費は痛かったです。(汗)

これから始められる方は、申し込み月から掛金を積立てておくことをおすすめします。 

配分設定は忘れずに!

※掛金を拠出するお客さまで初回拠出から約4ヵ月以内に掛金の配分指定を行わなかった場合、当社が定めた指定運用方法で自動的に運用されますのでご注意ください。 

楽天証券からのお知らせにあるよう、配分指定を行わなくても自動的に運用は開始されます。

その時は楽天証券が定めた運用方法になるので、ご自身で考えられた配分にするには配分設定を忘れずに行いましょう。

ちなみに楽天証券が定める指定運用方法は、「楽天・インデックス・バランス(DC年金)」が選択されるようです。

分散型・低リスクの商品なので決して悪くはないですが、 年代が若いうちはもう少しリスクを取って資産を増やす商品でもいいかと思います。

いずれにせよ投資は自己責任になるので、ご自身で納得のいく商品を選んで運用することをおすすめします。

関連記事

fire.sennyablog.com

【まとめ】楽天iDeCo運用開始の注意点

私自身、資産形成を始めようと思い立ってからは逸る気持ちもあり、手続きの完了を待ち侘びていたもんです。

が、いざ申し込み完了した途端2ヶ月分の引き落としが始まったので、正直資金的にも準備不足で慌てました。

その月の小遣いが無くなったのは言うまでもありません。(笑)

掛金の配分については、事前に決めてはいてもいざ設定する時になって考えがブレてしまう事もあるかと思います。

配分指定の締め切りまでは2〜3週間と十分あるので、じっくり考えて設定を忘れずにしておきましょう。