40代からセミリタイアを目指すブログ

平凡な40代サラリーマンでもセミリタイア出来るか挑戦!

40代からセミリタイア(FIRE)を目指す!
~資産形成・節約・ライフスタイルなど~

【レビュー】アラミック節水シャワープロ・ナノバブルの効果・感想

節水シャワーヘッド

節水シャワーヘッドは、節水のみの安価なものからマイクロバブル・ナノバブルを発生させる高価なものまで、様々な商品があります。

初めは節水の為に探していましたが、「洗浄力・保温性・保湿力」という効果が付くなら、多少高くても節約で元は取れるだろうと考えました。

子供がアトピーなので保湿力の効果にも期待して、レビュー評価の良い「アラミック節水シャワープロ・プレミアム ナノバブル」を購入。

 

正直なところ効果については疑っていたところもあるので、実際のところが気になる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

参考までに、使ってみた効果と感想をレビューします!

アラミック節水シャワーヘッドナノバブルの機能

私が購入した「アラミック節水シャワープロ・プレミアム ナノバブル」の主な機能は下記の通り。

節水効果

【節水効果60%※】
アラミック独自の精密な散水板により、節水効果60%※を実現。※ハード水流とソフト水流を同時間使用した場合。

【安心ストップ機能】
出しっぱなしのシャワーを手元でスイッチを押すだけ簡単ストップ、一時的な止水が可能です。面倒や無駄を解消します。

【流量調節機能】
本体背面のレバーを右側に動かすとハード水流に。左側に動かすとソフト水流となります。レバー形状になっておりますので、ハードとソフトの2択だけではなく中間に調整することでお好みの水流をお楽しみいただけます。

ここまでは、節水のみの「節水シャワープロ・プレミアム」と共通の機能。

下が「ナノバブル」だけの機能「洗浄力・保温性・保湿力」です。

 【高い洗浄力】

ナノバブルの洗浄力

ナノバブルは表面にマイナス電荷を帯びておりプラス電荷を帯びた細かい汚れを吸着。

毛穴より小さいサイズのナノバブルが、肌や頭皮の奥まで届いて通常のシャワーでは落ちにくかった皮脂や化粧や整髪料など様々な要因の汚れを落とす。

 

【保温性】

ナノバブル保温性

シャワーを浴びた直後から、サーモグラフィーで温度変化を追跡した結果従来のシャワーより高い保温性が確認されました。

 

【保湿力】

ナノバブル保湿力

シャワーを浴びた後の肌の保湿率を調査した結果、保湿力が最大16%アップしたことが確認されました。  

節水シャワーヘッドの効果・感想

f:id:sennya:20210605185521j:plain

交換前のシャワーヘッドを改めて見ると・・・う~ん。

アラミックのこの高級感ある感じだけでも、変えて良かったと思えてしまう。

 

節水シャワーヘッドは水圧が弱くなるという口コミが多かったので心配してた部分ではありますが、はっきり言って水が出る勢いならむしろ交換前より強い。

しかし穴が小さく水が細い分、当たった時の水圧は弱く感じる、といったところでしょうか。

アラミックシャワーヘッド

外周の穴から出る水は殆ど水圧を感じませんが、中央部は穴が集中しているので、十分水圧を感じます。

f:id:sennya:20210604220004j:plain 

この機種は背面に水量調節機能があり、ある程度水量調整出来ます。

水圧は弱く感じますが水の勢いはあるので、水量調節は真ん中くらいで十分でした。

真ん中なので節水効果は60%くらいでしょうか。

 

それでは実際に使ってみた結果、「節水率・洗浄力・保温性・保湿性」を一つずつ見ていきましょう。

アラミック節水シャワーの節水率

節水効果60%と掲示されてるけど、実際のところどうなの?

誇大広告なんじゃないの〜?

と疑いつつも、この節水効果を期待して購入したので一番大事なところ。

水量が減るのは確かでも、流し足りなくて使用時間が長くなってしまえば節水になりません。

水圧は若干弱く感じるので、流す時間は気持ち延びた気がしますが果たして・・・。

 

私の場合、元々シャワーの使用時間にバラつきがあり、日々使用量が違っていたので一定期間の平均使用量で比較してみました。

《交換前》平均使用量:52L

《交換後》平均使用量:30L

結果:42%の節水効果!

やはり使用時間が少し延びたのかもしれませんが、十分節水効果がある事を実感しました。

慣れればもう少し使用時間も短くなって、更に節水効果が高まる気もします。

とりあえず60%まではいかなくとも満足です。 

ナノバブルの洗浄力

【洗浄力に関する口コミ】

ナノバブルは目に見えないので絶対に効果があるとは言い切れませんが、シャンプーを流すのが短時間で済むようになったのは間違いありません。

 

ナノバブルの力なのか、子どもがお湯ではがせるマニュキュアをつけてシャワーを浴びたとき、いつの間にかペロンと剥がれて取れていたのにはびっくりしました。

 

油性マジックチャレンジもやって見ましたが
他メーカーのCMの様にスパッとは消えませんでしたが
数十秒あてた後、指で軽くこすったら、どんどん薄くなっていきました!
シャンプー後の頭皮の痒みや、ふけの量もかなり軽減されました。

洗いあがりは確かにさっぱりした感があります。

顔なんか洗顔料付けなくても皮脂汚れが落ちている気がする。

髪の毛も以前よりさらさらになった感じがしますが、ちょっと気掛かりなのはコンディショナーを流した時に、コンディショナー成分も一緒に洗い流されてないか?と感じるところ、気のせいかな...。

奥さんの感想は「変化を感じない」

だったので、感じ方は人それぞれかもしれません。   

ナノバブルの保温性

【保温性に関する口コミ】

湯冷めしない、などのレビューをみて半信半疑だったけど確かにシャワーだけでも暖かいのが持続しているし、髪がゴワゴワしなくなったので購入して良かったです。

全体的に保温性に関する口コミは少なかったのと、従来品より水が細くなるせいか水温が冷たく感じるという口コミも散見され、保温性は期待薄でした。

実際、外周の穴から出る水は外気の影響か、冷めやすいのは確かだと思う。

暖かさを感じるのは中央の集中している部分くらいです。

私はシャワーのみなので、湯船に溜めた場合の効果は分かりませんが、殆ど変化を感じませんでした。 

ナノバブルの保湿力

【保湿力に関する口コミ】

くせ毛の娘は髪の広がりがマシになりニキビが治まりました。
乾燥肌の息子は手の甲のカサつきがマシになりました。

 

お風呂上がりにすぐ顔が乾燥していくのが解消され、これにも感動。いつもは身体をタオルで拭いてるうちに顔がパリパリになっていくのが分かりますが、このシャワーヘッドに変えて、それがないです。

 

使用感としては肌はスベスベ、髪の毛はドライヤーで乾かす時にしっとり感と指通りが良かったですね。

時期的に乾燥していないので、保湿に関しては分かり辛いところですが、髪の毛の指通りはさらさら感があり、これが保湿力によるものであれば確かに効果がある気がします。 

ここは、冬の使用結果で追記したいと思います。

節水シャワーヘッドの費用対効果

では、購入価格と節約効果から費用対効果はというと。

節水量から算出して、私個人で年間約8㎥節水出来る計算です。

我が家は4人家族なので、単純計算なら年間約30㎥くらいでしょうか。

※元々の水量・水圧など、環境によっては十分な効果が出ない可能性があります。

水道代に換算すると、年約8千円の節約効果!

 

下記は地方別の水道料金支出を表したものです。

単価とはまた違うかもしれませんが、水道代の高い地域ほど節約効果は高くなります。

【総世帯地方別水道料金1ヶ月支出】

  北海道 東北 関東 北陸 東海 近畿 中国 四国 九州 沖縄
上下水道料 4,348 4,821 4,221 4,680 3,999 3,954 4,271 3,828 4,040 3,391

 ※総務省「家計調査」2020年より

そして節水した分だけガス代やエコキュートの電気代も節約になります。

ポイント

節約効果は水道代だけじゃない!

ガス給湯器ならガス代・電気代、エコキュートなら電気代の節約に!

見落としがちだけど、お湯の節水は光熱費の節約にもなるので、節約効果が大きいです。

我が家はエコキュートを使用しているので、電気代に換算すると、年約6千円の節約効果。

合計約14,000円の節約効果です! 

シャワーヘッド・ホース・アダプターで計2万円掛かっていたので、1年半位で元が取れる結果。

 

更に、ナノバブルで良かった点

  • 洗浄力
  • 保湿力

保温性は実感としてなかったですが、洗浄力・保湿力は節約だけではない付加価値として効果を感じました。

水道光熱費の算出方法はこちらの記事で解説しています。

関連記事

fire.sennyablog.com

アラミックナノバブルを選んだ理由

突然ですが、シャワーヘッドと言えば CM で有名な「ミラブルプラス」ですよね。

youtu.be

CMで話題のミラブル plusはこちら

油性マジックがシャワーを流すだけで落ちる?!という衝撃の CM で脚光を浴びました。

ウルトラファインバブル(直径1μm未満の泡)を発生させる高い洗浄力が売りで、販売店では約4万円と高級な商品です。

お金に余裕があればこちらを選びたかったところですが、がまん、がまん...。

 

次に目を付けたのが「アラミック 節水シャワープロ・プレミアム ナノバブル」でした。

アラミックのナノバブルも呼び名は違えど、直径1μmの超微細な泡を発生。

泡の細かさはミラブルプラスと同等?!

しかも、公式ではミラブルplus が1ccに約2,000万個発生なのに対し、アラミックは業界トップクラスの1億9,000万個!

なんと!ミラブルplus より比べものにならない程多い・・。

(泡が多きゃいいってもんでもないんでしょう、きっと)

そして価格はミラブルplus より安い!

 

迷いもありましたが、参考記事や評価・レビューも良いのでこちらの商品に決めました。

使ってから分かる事ですが、我が家であれば年間約14,000円節約効果があり、元は取れるので価格は気にする事なかった。

 

ちなみに、ナノバブルの付いてない「節水シャワープロ・プレミアム」は約6千円。

節水だけで良ければこっちでも良さそうですね。

INAXのスイッチシャワーを交換するには

INAXスイッチシャワー

↑これ貼ってあるご家庭は注意!

おまけ情報ですが、我が家のようにINAX(イナックス)スイッチシャワーを交換する場合には、注意が必要です。

シャワーヘッドとシャワーホースが外れないので、下のようなシャワーホースと接続用アダプターも必要でした。

この出費が地味に痛かった。

【まとめ】アラミック節水シャワーヘッドはおすすめ

本当に種類が豊富で迷われる方も多いかと思いますが、とりあえず私が購入した Arromic「アラミック節水シャワープロ・プレミアム ナノバブル」はおすすめ。

節水率は使用環境や使い方で変動するものの基本的には節水されるので、多少値は張りますが節約効果で元は取れるので問題ないです。

節水シャワーは「水圧が弱くなりもの足りない」という口コミが多いかと思いますが、水の勢いはあるけど水圧は弱く感じるというだけの事。

好みはあれど慣れの問題かと思います。

 

あと、価格で悩まれるであろうナノバブル付きにするか否か。

ナノバブルの効果としては洗浄力と保湿力を感じたので、擦らなくても綺麗になる点、湯上りの乾燥を抑える点で、肌が弱い方などにはおすすめ。

肌当たりがよく柔らかい感触なので、赤ちゃんのいるご家庭でも使いやすいかと思います。

 

アラミックでなくとも、節水シャワーヘッドは水道光熱費の節約になるのでおすすめです。