40代からセミリタイアを目指すブログ

平凡な40代サラリーマンでもセミリタイア出来るか挑戦!

40代からセミリタイア(FIRE)を目指す!
~資産形成・節約・ライフスタイルなど~

40代からセミリタイア(FIRE)を目指す!

f:id:sennya:20210808135148j:plain

40代といえば、人生の折り返し地点。

若いとは言えませんが人生経験豊富で、会社では責任も重くなり若手を育てる中堅社員だったりしますよね。

私生活では家を買い、育ち盛りの子供がいる家庭も多いことでしょう。

若い頃は自分の事だけ考えていたり、今が楽しければ良いと遊んでばかりいたり、それはそれで人生を謳歌出来ていれば良いと思います。

しかし、このまま今の生活を送り老後を向かえ、楽しくて豊かで悔いの無い人生になるでしょうか?

40代は、まさに第二の人生「セカンドライフ」を決める大きな分岐点になるかもしれません。

 

ひと昔前までは終身雇用で1つの会社に骨を埋めるという考えも普通でしたが、今ではFIREという言葉が注目を浴びているのをご存知でしょうか。

FIRE(ファイア)とは、「Financial Independence(経済的自立),Retire Early(早期退職)」の頭文字から出来ている言葉

若いうちから資産形成を行い早期退職して自由に生きる・・・魅力的ですよね。

私もそんな魅力に惹かれた内の一人。 

もう若くはありませんが、私は40代からセミリタイアを目指すことにしました。

 

当ブログは、そんな40代のサラリーマンがほぼ資産0からセミリタイア(FIRE)を目指す実録ブログです。

 

残された人生、このまま会社に縛られて生きて行くのか、自由を手に入れて好きな事をして生きて行くのか?

当然後者を選んだわけで、出来るか出来ないかじゃなく、とにかく行動に移す事が大事! 

節約・資産形成・ライフスタイルなど、私がセミリタイアするために実践している有益な情報を紹介しています。

皆様にとって、一つでもタメになる内容があれば幸いです。

人生100年時代!まずはライフプランを考えよう

豊かな人生

まず、40代という年代からもう遅いんじゃないか ?と思われる方も多いかもしれませんが、そんなことはありません!

人生100年時代」と言われる現代、40代ならまだまだ先が長いと思いませんか?

健康寿命が延びるに連れ、定年制度や年金受給開始年齢も引き上げられています。

このままでは労働に縛られた人生を送り続け、働けない体になってからようやく解放されるという悲惨な人生になり兼ねません。

そうならない為にも、今からでも今後の人生「ライフプラン」を考えて、豊かな人生が送れるようにしていきましょう。

関連記事

fire.sennyablog.com

お金がなければまず節約から

節約

セミリタイア(FIRE)を目指すなら、資産形成しなくてはいけません。

しかし、そんな余裕がない。

今の生活で精一杯という状況なら、まず節約から考えるのが早道です。

収入を増やすのはそう簡単にはいきませんが、節約は今からでも始められ即効性があるので、節約して捻出した資金から始めるのがおすすめです。

また、保険など本当に必要か見直すことでも支出を抑え資産形成の軍資金に出来る可能性があるので、支出の見直しはセミリタイアを目指す重要な第一歩になります。

関連記事

fire.sennyablog.com

もし、ギャンブルや酒・タバコなどにお金を使っている方は、思い切って止めてみてはいかがでしょうか。

私も長いことギャンブル(パチンコ)にお金をつぎ込んできてしまいましたが、この資産形成を機に止める事が出来ました。

酒・タバコは健康の為にも程々が良いですし、資産形成を始めるのが40代と出だしが遅れた分、取り戻すには長く健康でいること!

ストレス発散などは言い訳でしかなく、飲まない事・吸わない事が常態化してしまえばストレスは溜まりません。

今まで使ってきたお金がそのまま資産形成へと使えるようになるので、是非一度チャレンジしてみて下さい。

40代から始める攻めと守りの資産形成

バランス

FIRE する為に必要な資産は、年間支出の25倍と言われています。

つまりは年間支出300万円であれば、7,500万円の資産が必要となるわけで・・・ちょっとどころでなく難しい。

40代で資産がほぼ無い状況であれば、セミリタイア(FIRE)までの道のりは遠く険しいと言わざるを得ません。
若いうちから資産形成していれば、時間を味方に早期退職も夢ではありませんが、40代からでは定年まで残された時間も長くはありません。

資産形成する方法として、ハイリスクハイリターンのものからローリスクローリターンのものまで色々とありますが、ローリターンだけでは必要な資産が出来る頃にはとっくに定年を迎えている事でしょう。

私は、ローリスクローリターンを基本としつつ、多少ハイリスクハイリターンな方法も入れて、攻めと守りのバランスを取りながら資産形成をしていく事としました。 

【基本のローリスク資産形成】

積み立て投資から始めたい方はこちら↓↓↓

【資産運用】40代からでも遅くない!節税出来る年金制度 iDeCo(イデコ)とは?

【攻めのハイリスク資産形成】

短期間で資産を増やしたい方はこちら↓↓↓

リピート系FX「トライオートFX」で資産形成

副収入が得られればセミリタイアは近づく

私の理想は FIRE する事ではありますが、40代からという現実もふまえセミリタイア出来れば御の字と考えています。

その違いは、完全に働かずに生きるか、必要なだけ働いて生きるかという部分で、いずれも会社に縛られず自由に生きる事が出来れば良いのです。

前途したように FIRE を目指すと短期間で莫大な資産が必要となりますが、副収入が得られれば必要な資産を引き下げられ、セミリタイアがグッと近づきます。

副収入−支出とした時、マイナス部分を資産運用で賄えればよくなるので、自分にとって苦にならない方法で副収入を得られれば良いわけです。

今の会社に依存しない為にも、副収入を作るのはおすすめです!

【まとめ】40代からでも遅くない!セミリタイアを目指そう

チャレンジ

1970年~1982年頃に生まれた私達40代は、バブル崩壊後が就職時期となり、正社員就職が難しかった就職氷河期を経験した世代。

バブルの恩恵も受けず就職難で、少子高齢化により先行きも暗いという残念な世代ですよね。

就職当時の私はそんな事も知りませんでしたが、実際契約社員を数年続けたのち、ようやく正社員就職が決まった時には中小企業でも喜んだものです。

当たり前のように会社で働き、何も考えず40代を迎えてしまった方は、自分も含めたくさんいると思います。

この資本社会では仕方がない部分もあると思いますが、思い立ったのであれば変わる時ではないでしょうか。

会社に縛られず自由に生きる方が、きっと豊かで悔いの無い人生になるはず。

40代だからと諦めず、可能性がある限りトライしていけばいいんじゃないでしょうか。

私は、節約すると共に次の事に取り組んでいます。

  • トライオートFX
  • iDeCo ・つみたてNISA
  • ブログアフィリエイト

私自身まだセミリタイア出来ていない状況ですが、いつか達成報告が出来ることを目指して続けていきます。

皆さんもともに、セミリタイア目指して進みましょう!

子供用携帯(スマホ)は楽天モバイルがおすすめ!小学生用の設定も紹介

f:id:sennya:20210911063128j:plain

我が家には小学5年生の娘がいて、子供同士で遊びに出掛けたり一人で留守番させたりする事が増えたので、携帯を持たせることにしました。

そこで子供用に契約したのが楽天モバイル。

楽天モバイルなら1Gまで無料なので経済的負担になりません。

スマホが無料で使える?!と言いたいところですが、2018年から携帯電話やスマートフォンを18歳未満が使用する場合、フィルタリングの導入が義務付けられた為、楽天モバイルでは「あんしんコントロールby iフィルター」という月額330円のオプション契約が必須となっています。

というわけで、今回は子供用携帯としてもおすすめの「楽天モバイル」の感想と小学生用の設定を紹介します。

これから子供用にスマホを持たせようと考えている親御さんの参考になれば幸いです。

楽天モバイルについて

楽天モバイルは、2020年4月より本格的に携帯キャリアサービスを開始しました。

ドコモ・au ・ソフトバンクの三大キャリアに並び自社回線を持つ携帯事業者に名乗りを挙げ、現状では au回線をパートナー回線としつつ徐々に自社回線(楽天回線)エリアを拡大しています。

5Gにも対応してますし、日本郵政と業務提携した事から今後ますます利便性の拡大が期待されます。

楽天グループなので、ポイント還元キャンペーンやSPU+1倍などの恩恵も受けられ、何より格安の料金プランが魅力です!

楽天モバイルの料金プラン

今は携帯料金の価格競争が激しく、月額1,000円以下のプランも増えましたよね。

楽天モバイルはというと、1Gまで0円という破格のプラン設定。

料金は使った分だけのワンプラン♪

正直、本当に無料でいいの?という気持ちと、タダより高いものはないという気持ち。(笑)

しかし、子供が留守番の時や友達と出掛ける時に持たせるだけなら1Gあれば十分ですし、仮に1G超えても3Gまでは980円という低価格は魅力です。

前途したように18歳未満が使用する場合、フィルタリングオプションが必須なので最低330円は掛かりますが、はっきり言って超お得です。

楽天市場でお買い物すれば+1倍ポイントが付くので、購入金額によっては得するぐらいです。

注意点としては、楽天モバイルで(1Gまで)0円になるのは1回線目のみ、2回線目以降は(0〜3Gまで)980円からという点。

ただしこれも、楽天モバイルでは未成年でも子供名義の契約は可能で、極端な話、家族別々の名義で契約すれば全員1回線目0円が適用されます。

裏ワザ的な感じもしますが、公式で謳っていますので間違いないです。

ご自身が既に楽天モバイルの方は、2回線目ではなく初めから子供名義で作る方がお得かと思います。

楽天モバイルの利用方法はこちら

>>>ご利用の流れ

18歳未満はフィルタリング必須

f:id:sennya:20210911063158j:plain

2018年2月1日「青少年インターネット環境整備法」が改正され、下記のように定められました。

・保護者は18歳未満に携帯電話やスマートフォンを使用させるために携帯電話回線を契約する場合は、その回線提供事業者に申告が必要。
・携帯電話回線提供事業者は、18歳未満が契約/使用するときは、フィルタリングについて説明し有効にすることが必要

これにより、フィルタリングは必須となっています。

まあ、子供に携帯を持たせるのは良い面だけでなく、ネットやチャットなど外部との接触が可能になるので、犯罪や教育面での不安も伴います。

犯罪から守りたくて持たせたのに、スマホが原因で犯罪に巻き込まれたんでは本末転倒。

また、ネット環境に繋がるという事は様々な情報に触れる事になるので、有害なサイトやクリック詐欺などの心配もあり、フィルタリングはしておいた方が無難ですね。

【子供にスマホを渡す事によるリスク】

  • ゲームやYouTubeなど長時間利用によるスマホ依存
  • 課金やクリック詐欺などの金銭的リスク
  • 個人情報の流出
  • 見知らぬ人との交流
  • 有害サイト、情報の閲覧 など

ざっと挙げただけでこれだけのリスクがあり、フィルタリング機能はこれらスマホやインターネットによる危険から子供を守るために有効です。

楽天モバイルのフィルタリングソフト「i-フィルター」の機能詳細はこちら

network.mobile.rakuten.co.jp

子供用(小学生)のスマホ設定

f:id:sennya:20210911063216j:plain

それでは、我が家が小学5年生の長女に渡したスマホの設定内容を紹介していきます。

ポイントは5つ。

  • データ使用量の制限
  • 使用アプリ・課金の制限
  • 使用時間の制限
  • webサイトの制限
  • 居場所の管理

まずは子供にスマホの危険性を理解させた上(といっても完全に理解させるのは無理でしょう)、これらの機能制限をかける事で安全にスマホを利用出来るようにします。

GPSを利用して子供の居場所も分かるようになるので、防犯としてもあると安心です。

ここからは楽天モバイルのAndroid端末(楽天hand)での設定内容になりますが、フィルタリングソフトを利用すれば殆どの端末で同様の設定は可能です。

データ使用量は端末で制限

楽天モバイルの料金プランは一つ。

データ使用量ごとに料金が上がっていきます。

家にWiFiが有り基本的に家でしか利用しないのであれば気にする必要もないですが、WiFiが無いもしくは外出して利用する可能性があるなら、データ使用量を制限しておいた方が無難です。

最大2,980円しか掛からないとはいえ、利用料を抑えたいのであれば端末で制限を掛けておきましょう。

Android端末は設定のデータ制限設定で、警告と制限の二段階で設定出来るので、うちの場合は3Gを超えないよう少し手前で警告と制限の設定をしてあります。

基本的は1G未満に抑えて欲しいですが、超えてしまって全く利用出来なくなってしまうのも困るので少しバッファを持たせました。

連絡はLINEを使用

楽天モバイルでは、国内通話料が無料で使える「楽天LINK」という通信アプリがありますが、不具合などもあるようで使い勝手の評価はあまり良くありません。

無料の音声通話ならLINEで十分、というか使いやすいです。

私の周りを含め殆どの人がLINEを使用していますし、実際使っている同級生達いるようで、中学校に行けば更に増える事が予想されます。

子供も普段から使っておけば今後困らないだろうという事で、我が家も連絡はLINEを利用しているので、通話やメッセージは無料です。

フィルタリングはGoogleファミリーリンクがおすすめ

楽天モバイルで契約出来るフィルタリングソフト「i-フィルター」ですが、いかんせん使いづらい・・・。

制限したい端末のリモート設定をパソコン又は親の端末から行えるわけですが、画面はパソコン用でスマホでははっきり言って見づらい。

今はパソコンがない家庭も多いだろうし、スマホから設定する方が多いんじゃないだろうか。

スマホで手軽に設定したい思ったんですが、お世辞にも使いやすいとは言えません。

そこで、別のフィルタリングソフトを調べたところ「Googleファミリーリンク」というのがあり、こちらは一通りの機能が揃っている上にスマホ用アプリになっているので断然使いやすかった。

※管理する子供のデバイスはAndroid端末のみ使用可能(保護者側デバイスはiphoneでも可能)

ちなみに私の端末(保護者側端末)はUQモバイルでiPhoneを使用。

下はリモート設定するアプリの画面です。

【使用アプリ・利用時間の個別制限】

f:id:sennya:20210914220117j:plain

当然、デフォルトでインストールされている決済系やショッピングアプリはブロック。

YouTubeやゲームなど個別に使ってもいい制限時間を設定する事も出来ます。

子供が新たにアプリをインストールしたい場合は、保護者に申請が必要で許可しないとインストール出来ません。

【スマホ利用の時間制限・おやすみ時間設定】

f:id:sennya:20210914220149j:plain

 

1日の利用時間は3時間、おやすみ時間は20時30分〜7時までにしています。

時間になれば強制的にスマホが利用出来なくなる為、いちいち注意する必要もなく使用時間を制限する事が出来ます。

【課金・コンテンツの制限】

f:id:sennya:20210914220206j:plain

課金制限や、コンテンツの表示なども年齢に合わせて設定が可能です。

完璧にとはいかないかも知れませんが、一通りの制限は掛けられていると思います。

いかがですか。

Googleファミリーリンクではこの他、アプリ上で(子供の)端末の居場所確認も出来ます。

 

子供用のGoogleアカウントを作成して、アプリで設定するだけなので、使いやすく、見やすくて便利!

結論として、Googleファミリーリンクを使う事にしたので、楽天モバイルの「iフィルター」はいりませんでした。

実は保護者から楽天モバイルに申請すれば330円のフィルタリングオプションも解約する事は可能で、実質無料で利用する事も出来てしまいます。

【まとめ】楽天モバイルは子供用にもおすすめ

今や子供もスマホを持っているのがスタンダードになりつつあり、小学生で4割、中学生で8割の子が所有していると言われています。

子供同士のやりとりもLINE利用が増え、スマホを持っていないとグループの輪から外されるなんて事も。

今現在40代の親世代では子供にスマホを持たせる事に抵抗があるかもしれませんが、今の子供達は間違いなくスマホネイティブ世代です。

我が子だけ取り残されないためにはスマホ利用も受け入れざるを得ないのかもしれません。

とはいえ支出はなるべく抑えたい。

その点、子供用携帯が月額330円(又は無料)で利用出来る楽天モバイルは経済的に助かりますし、おすすめです。

キャンペーンも随時行っているので上手く利用すれば端末代も実質無料になり、これから子供用スマホを検討している方は、キャンペーンなどもチェックして検討してみてはいかがでしょうか。